カラオケ修行 何処屋

読むだけ損 やめとき。

北原謙二さん

カラオケ喫茶の曲本から徐々に曲数が減って行ってて

寂しい限りの北原謙ちゃん。

2枚組みのCDを買って聴いております。

 

青春時代のなつかしい歌声が聞こえてくると

何やらずいぶん元気になれます。

 

彼の、謙ちゃんの歌声は独特で甘い。

高音がきれいで、郷愁を誘う曲も多い。

 

CDにはないけれど、「ながれ星」と「あふれるものを」

この2曲はよく歌います。

特にながれ星は、謙ちゃんの最後の曲だったと思う。

 

自分の母と命日が一緒で、なにやら他人のような気がしない・・・・。

天国で、母も、謙ちゃんの歌を聴いてくれているような・・・・。