練習あるのみ

 きょうも雨。

台風が四国にも接近中。

 

 しかし、近所が皆、戸を閉めているので、歌の練習には最適!

 

来月歌う「ながれ星」と「ひとり舟」を歌う、録音する、聞く。

 

チェックして反省する。

 

歌手の歌を聴きなおす。また歌う。録音する。

まだまだやなあ・・・・・。

二木さんのサイト

 ネットで楽しむ歌のない歌謡曲

 

 二木さんのサイトで好きな曲を選んで

昔を懐かしむ。

 

静かに過ごすには最適だ。

 

 興が乗れば、歌うことも出来るのだが

風邪が治ったばかりで、まだ声が出ない。

 

「雨」「マロニエに降る雨」 「アカシアの雨がやむ時」などを聴いた。

 

歌は、心の友人であるなあ・・。

なおみさん

きょうは、クラッシックジャズを聴く。

 

神よ あわれみたまえ

スカルラッテイのソナタ

幻想曲 ニ短調

華麗なる大円舞曲

前奏曲 ハ短調

愛の夢

アンダンテと主題

フランス古謡 

 

ずっと聴いていて、夕暮れ時間に・・・。

演歌が聴きたくなってくる。

きょうは、小雨・・・。

ちあきなおみさん、聴きたいなあ・・・。

再びの平尾昌晃さん

 今日もFMで平尾昌晃さんの特集をやっていた。

いい曲がかかる。

 

アメリカ橋!懐かしい!名古屋勤務時代はよく歌った。

高松に転勤してから、取引先の嫌いな人が歌っていて

プッツリ歌うのをやめた・・。

自分は、わがまま・・・。

 

ずいぶん年数が経った。

今度、久し振りに歌ってみよう!

 

 平尾昌晃さんのあの明るい笑顔の向こうには

とてつもないご苦労があったんやね・・・・。

病院のベッドで、ギターを爪弾きながら

メロディーを考えてたんや・・・。

 

 いい先生、素晴らしい先生でした!

改めまして、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

平尾昌晃さん

 平尾昌晃さんの特集をラジオでやっていた。

懐かしい歌が次々と流れる。

自分の青春時代そのものの歌の数々。

 

 名古屋勤務時代に、カラオケ喫茶で歌っていたら

突然平尾さんが現れた。

ママさんと知り合いらしかった。

その時、きちんと挨拶すべきであった・・・・・。

酔っていたので遠慮したが、悔やまれる。

 

 自分の母は、肺結核で大手術、肋骨を何本も失った。

平尾さんも同じ目にあったと、訃報の後で知った・・・。

 

残念・・・・・。

貴重な大先生を日本の歌謡界は失ってしまった・・・。

 

心からご冥福をお祈り申し上げます。

           合掌

原文彦先生

「男の絶唱」は、今、最も得意としている曲で

先日の青い鳥での発表会でも、皆さんから

誉められた。

 

その作詞者が、何と!香川県にいらっしゃるとの事で

なんとまあ、世間は狭いことか。

 

高松でこの歌を歌い続けていたら

その内に原先生に遭遇するやもしれぬ。

僕の曲を聴いていただこう!

きよしどんとは、また、味が違う。

頑張ろう。

ああ、風邪が早く治りますように。

曲目決定!

 11月11日(土)の1曲目は、北原謙二さんの

「ながれ星」に決めた。

寒いという歌詞が入っているのでOK。

 

2曲目は、「ひとり舟」ジェロさんだ。

 

まだ歌えない。喉の痛みはましになったがセキが出る。

 

明日は、嫌いな病院に行く事にした。