カラオケ修行 何処屋

読むだけ損 やめとき。

AI歌手

 どこかのFMラジオ局では、夜中は、AIがアナウンサーをしているらしい。

人件費の節約。保守役の人間が一人いるだけのほぼ無人のスタジオ。

災害時に人間ではないので冷静に報道できるらしい。

夜中でもどんどん入ってくる新聞情報を読み上げるだけなので

機械でも簡単らしい。

 

 さて歌の世界。

AIが譜面道理、きっちり歌う。

ロボットが歌う。

少し音程がはずれたり、涙ぐんだりもない。

冷静に歌う。

機械判定では100点満点である。

歌い終わったら、ロボットがステージを去る。

何も文句は出そうにない舞台。

あなたは、お金を出してその歌聴きに行きますか?