カラオケ修行 何処屋

読むだけ損 やめとき。

ひばりさん

 しかしまあ、美空ひばりさんという名前は、まさに歌を歌うための名前ですなあ。

美しい空雲雀が、さえずりながら舞い上がって行く。

その姿、美声!

 

そのひばりさんの歌で、我輩が得意なのが「越後獅子の歌」「花笠道中

「柔」

難しい!低音から高音、裏声まであるひばりさんの歌は

簡単には歌えない。

 

 何年か前、カラオケ喫茶 鶯で、「人生一路」を歌って大失敗!

高すぎて失敗。大恥かいた。

懐かしい思い出です。