地味に。

まだまだ日があると思っていたが 明日が発表会。 1曲目 なつかしの歌 「潮来笠」を歌う。 子供の頃から馴染んで来たが あらためて歌詞を読んでみると 作詞家佐伯さんの気持ちがわかるような気がする。 おそらくあれほど大ヒットするとは 思いもしなかった?…

森山良子さん

懐かしい彼女の曲がラジオから流れて来て・・・。 独特の高音が心を昔に連れて行ってくれる。 森山さんがテレビドラマに出演されて 酔うと豹変する役をこなしていたのは もうかれこれ20年位前? 酔い方がなんか、可愛くて、したたかで 相手役も忘れたけれ…

♪ 背伸びして見る海峡を ♪   

久しぶりに、のど自慢で森進一さんを見た。 元気そうで良かった。 新曲「北港」やったかな。 昔の港町ブルース思い出す。 懐かしい。 僕は17歳でした。 懐かし17歳 もうすぐ67歳 そろそろ港に船をつけて 隠居? だめだめ!住宅ローン70歳まで。 ああ…

「海峡の春」

鳥羽一郎さんの「海峡の春」 いい歌やねえ。 もうだいぶ前の発売だと思うけど 今聞いても、ほんまに惚れ惚れする。 歌詞と曲に味があるねえ。 機会があれば歌いたい。 今、帯状疱疹で辛いので 治ったら真っ先に歌いに行く。 静かに布団の中で ご近所迷惑にな…

古い奴だとお思いでしょうが。

ラジオ深夜便で鶴田浩二さん特集 歌もいいがそれ以上に声がいい。 思えば少年時代、映画館の傍を通るとヤクザ映画での 鶴田さんのセリフが聞こえて来て よく通いました。東映! 室戸岬の海岸に良く似た岩と波がザバーン!!で始まる。 松方弘樹さんと二人で…

西田佐知子さん特集

お昼のFMで聴いた。 彼女の魅力は、何だろうか? 独特の高音、線が細いように聞こえて 実はしっかり、どっしりの声域。 彼女は結婚されて歌うのをやめたようだが 今なお、ファンは多い。 東京ブルースと女の意地 エリカの花の・・・、アカシアの雨に打たれて…

水森かおりさん

湖の中で華麗な白鳥がおよいでいる。 水森かおりさんは、そんな感じ。 益々歌が上手くなって来て、今や押しも押されもせぬ白鳥である。 水面下では、足を目一杯動かして努力されているのであろうが その苦労は、微塵も見せない。 目を細めて独特の笑顔でファ…

小樽のひとよ

昭和42年の新学期 小生、高校1年生 クラスの自己紹介でいきなりの歌の発進 「小樽のひとよ」の出だしを綺麗な高音で歌ったのが 出席番号7番のO君 自分は8番だったから彼の後ろの席であった。 現在の着信音楽を思わす自己紹介で 後にも先にもこんな印象…

固い身体 いけませんなあ。歌手になれません(笑)

どうも声が出にくくて、高音が特に出ないなと 気にしていたが、原因は、背中! 背中にすごい疲れ。 自分は整体もしているが、お客さんを治すことばかりに 集中して、自分の身体を手入れしていなかった。 寝不足もある。最近は、作詞もフレーズが思い浮かばな…

欠点

自分の歌を聴くと実に情けない気持ちになる。 ガアーッと行ってしまう。 突っ込みすぎるというか、力んでいるというか 下手である。 場合によっては音程がずれる。 いい感じで聞こえていても興ざめである。 ここを強調したいという気持ちが強すぎるのか・・…

天竜流し

さあ!新曲、「天竜流し」 自分の声が福田こうへいさんに似てるので 自然にマスター出来る。 素人でも歌いやすいように作ってくれている? 爽やかな5月の天竜川の瀬音が聞こえてきそうな良い曲である。 7月の発表会ではこの曲を歌う予定。 もう1曲は、ナ…

歌のない歌謡曲

実に驚くべきことだが、いまだにラジオ番組がある。 歌なしで聴くのも味がある。 きょうは、テナーサックスの演奏で聴いたが実に良かった。 懐かしい昭和40年から50年頃の曲を聴いていると あっというまに過ぎ去った我が人生に乾杯したくなる。 完敗もあ…

100円歌手なのだ。

最近は、無理せずキーを変えてもらう。 マイナス6とかプラス5とか、店のママやマスターが 適切に管理してくれるので 歌えなかった、ちあきなおみさんの歌も歌えるようになった。 ただ、楽に歌える分、何やら曲の醍醐味にかける。 そつなく歌えても、何かが…

歌いなおし

「夢の橋」を再度練習して、歌い直しに行く。 観客は6人ほどいるが、ザワザワ話す女性が居て ある意味気楽に歌える。 出だしは良くなった。 これが本番で出ていたらと思うが後の祭り。 発表会では エアコンの効いた寒い室内で、じっと待機して ぎょうさんの…

夢の橋 掛かるといいね。

「夢の橋」 無事に歌えた。 出だしの、夢を追いかけて ここの音程が自信なくて 後で聞いてみたら、ボソーッとスタートしている。 全体的に弱い歌い方になってしまったな(反省) 20人の参加者の歌を聴いていて 再び作詞の元気が出てきたようだ。 歌を聴く…

縁がないのは・・・。

北川大介さんという歌手の歌う曲をある団体が 作詞募集していると聞いたので、ひとつ作ってみようと その方の歌を探してみる。 音源はたくさんあるのだが、ネットでヒットしない。 YOUTUBEで探しても、文字化けして聴けない。 かなり多くの曲が出ているが、…

夢の橋 あと一息!

さて、松坂大輔の初勝利を味わいながら 「夢の橋」を歌ってみる。 大体、手の内に収まって来た感があるが 問題は、出だし。 どうも音階がいまいちなのだ。。。。 「夢を 追いかけて すべて投げ捨てて」 ここがいまいち。 満足のいくレベルに到達しない。 あ…

パクリ橋

5月12日(土)の12時半から カラオケ喫茶「青い鳥」で2曲歌う。 20人が2曲ずつ。 1曲めは地名の歌という約束なので 「アメリカ橋」にした。 2000年頃名古屋で勤務していて歌った曲だ。 不思議なのは練習した思い出がないのに いつのまにか歌え…

夢の橋

山崎ていじさんの「夢の橋」 いい曲いい詞 最高! 山崎さんも超うまい!渋い!! 五月の発表会では、歌わせていただくことにしました。 ♪ ずっとずっとついてくる それはやさしい母の顔 ♪ 泣けます(涙)

鶴田浩二さん

車で鶴田浩二さんを聴く。 しみるなあ・・・。 心にしみます。 「街のサンドイッチマン」 私の18番。 中間管理職で辛い毎日。 飲みに出かけては歌っておりました。 「傷だらけの人生」 既に18歳で傷だらけでございました。 日陰育ちの泣き所・・・。 も…

村田だあ!

昔なつかし村田だあの村田英雄さん。 CDを聴きながら運転。 懐かしの「夫婦春秋」いい歌です。 僕の人生とかぶっておりますね。 「男の土俵」これは若き日に一時よく歌いました。 高知の幡多の弘田さんが相撲取りで 二人で飲んで歌った懐かしの曲! 弘田さん…

作詞

ほぼ徹夜勤務みたいな忙しい状況が続いて 歌うことが出来ない。 歌わない日が続くと段々声が出にくくなる・・。 車の中でも聴くだけで歌わなくなってきた。 どうしても歌いたいという歌に最近出会わない・・・。 それでも今日は休みで、なんとか時間が出来た…

おふくろ

満開の桜を眺めながら いつもの山道から瀬戸内海を眺める 鳥羽さんの「千島桜」を歌う。 やっとこさ 何とか歌えるようになってきた。 歌い込むほどに いい歌だなあと感心する。 帰宅後ラジオで同じく鳥羽さんの 瞼の母・・とかの新曲を聴いた。 いつかテレビ…

なすびの花

新しい仕事に就いた。 葬儀会館の宿直。 音楽を楽しめる環境にはない。 仮眠時間6時間。 ラジオを聴くのも音量に気を使う。 鼻歌ももちろん厳禁。 作詞のフレーズは、全く閃かなくなった・・・。 週に2日の休みにやるしかないが 今の所、睡眠を回復させる…

復活

一応仮眠時間はもらえるが、ぐっすり眠ることなど夢の夢。 そんな仕事についてもうすぐ1ヶ月である。 次第に歌う機会が減り、喫茶に行く時間もとれず 情熱が少しずつ覚めて行く。 作詞の方もまったく出てこない。 あれほど湧いていたフレーズがまったく出て…

老兵は去るのみ。

もう出尽くした感のある演歌曲でも なんぼでも新曲が出る。 すさまじいなあ。 五線譜の世界に限界は無いのかな? 将棋の世界も 囲碁の世界も なんぼでも新手が出る。 人間の世界というものは限界がないなあ。 相撲の世界も新人が次々現れる。 老兵は、去るの…

いい歌です。

坂上二郎さんの「学校の先生」をラジオで聴いた。 生徒との心の通い合いの所で、涙が出て来た。 自分は、あまり涙が出る人間ではない。 人前では絶対に涙は見せない。 この歌は、人前では歌えないな・・・。 静かにひとりで聴くのがいいな・・・。

作詞

なにやら体調が悪く風邪気味。 しかし、熱も出ず咳も出ず。 身体がだるく声が出にくい。 したがって歌えない・・・。 作詞をして投稿する。 今年になってから10本を越えた。 今朝1本作った。 作詞者名は、浪花王羅にした。 自分で歌うのもいいが 詞を考え…

2曲とも無難に歌えた(ホッ)

30人で満杯の喫茶であるから あまり、がなると、聴いてる人が疲れる。 軽いめに歌った「千島桜」 歌い込むほどに良さが沁み込んで来る。 ♪ 苗木につぶやく 親父は空の星 ♪ 最近、桃の苗木を自分も育て始めたので よく感じがわかる。 ♪ 沖へと伸びて行け 橋…

「笑いじわ」 瀬川瑛子さん

NHKのど自慢で歌われたご婦人 娘さんと、二人のお孫さんを7年前の震災で亡くされた・・・・。 けなげに歌う「笑いじわ」 ゲストの瀬川さんの歌だそうだ。 人はここまで強く回復出来る・・・・。 歌は、ありがたい存在だ....... 合掌